ブロッコリーの苗

画像

ブロッコリーの苗つくりは、最終ステージを迎えた。
ハウスの天井ビニールを遮光して、気温を下げて育苗しているが、徒長はしないけれども、どうも生育が芳しくないのだ。育苗培土を変えたからだと思うのだが、どうもその培土での栽培のコツがつかめない。本葉が出るあたりで肥切れしてしまいそこからあまり伸びないのだ。色も黄色ぽくなる。本葉が出る頃に追肥が必要みたいだ。ただし、追肥が早すぎると徒長してしまい肺軸がまっすぐにならず曲がりくねってしまい定植時に大変植えにくい苗になってしまう。本葉1枚のときに液肥で追肥し、本葉2枚になったら、ハウスの外で育苗すると茎が太くてしっかりした苗になる。今年は、過去最高の2万5千粒の播種作付けであるが、前半5千粒は徒長気味の苗であった。いろいろ試して以下の結果が得られた。
1.種蒔きは、培土を握ると固まる程度に湿らせ播種する。覆土は、パーミキュライトを使用する。
2.発芽を揃える為、播種後、昼夜問わず温度の安定している作業場などに段重ねして、36~48時間置く。(発芽すると部分的に土が盛り上がる)
3.遮光したハウスに、夕方に並べる。下は20cm以上開け高設ベンチにする。
4.芽が80%程度出揃ったら、潅水開始。(潅水は、朝たっぷりと、夕方の潅水は徒長するのでNG)
5.本葉が出てきたら液肥で追肥する。
6.本葉2枚になったら、ハウスの外に出し外気に慣らしながら育苗する。
7.本葉3枚になったら畑に定植する。
播種から定植までの期間は、200穴プラグトレーで20日から30日を要する。
さぁ、来年は、あなたもチャレンジしてみましょう。
読者の皆さん。もっと良いやり方あればどんどん意見交換しましょう。
日本の農業発展のために。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック